フランス子育て日記:森での出来事(後編)


前半からの続きです(前篇)。

ピクニックのあと、突然参加することになった釣り大会。

釣りが初めての子供はわくわくを隠せません。お魚釣れるかな?どうだろう?

釣ざおやバケツなどを借りて、池の一角に陣取ります。釣れた魚が多い人が優勝だからね!と聞いて、俄然やる気の子たち。

地元の釣りクラブに所属の釣り好きのおじさんたちに助けてもらいながらの、初めての体験。さあ、釣り大会の始まりです。

陽気なおじさんたちにエサを付けてもらって、まき餌もまいてもらって。至れり尽くせり…というか、もうほとんどお任せ状態です。

ぼーっとさおの先を眺めて、くいくいっと動いた気がしたら急いで引き上げるだけ。

しかも子供はすぐに、そばに設置してある遊具に遊びに行ってる!ねーこっちに戻ってきて魚釣りしようよー!

でも、釣れると子供はもちろん大喜びです。体長10~15センチほどの小さな魚ですが「自分が釣った魚」って、きっとものすごく特別なんでしょうね。

目をキラキラさせながら、バケツの中の魚をいとおしそうに見つめます。その表情に、こちらまでうれしくなります。

F1

そんな時間が過ぎ、釣りの時間は終わりでーす!という合図に、みんなが集まってきます。

わが家の釣果は4匹、初めてにしては上々です。

まず、実行委員のおじさんからのごあいさつ。今年も皆さんにご協力頂いたおかげで、釣り大会を実施することができました、パチパチパチ…。

そうか、毎年恒例なんだね、この釣り大会。今日偶然ここに来て、良かったね。

続いてなんと参加者全員に、立派なメダルと楯、それにペンと帽子の参加賞の授与が!おまけに両手に抱えきれないほどのおやつまでいただきました。

ついでに大人にはビールやワインとおつまみも出てきて、なんて楽しい釣り大会。

F2

おやつを頂いた後は釣り好きのおじさんたちと、誘ってくれた実行委員のおじさんにお礼を言ってさよならします。

また今度釣り大会があるから、ぜひ来てねと言ってくれました。

あー楽しかったね、釣りって面白いんだね。帰りにふと時計を見てびっくり。なんと昼前に家を出てから、実に8時間も経っていました!

ちょっとしたピクニックのつもりが、たまたま会ったおじさんのおかげで、思いがけず充実した休日を過ごすことができました。

親子で初めてのことに挑戦するって、とても楽しい経験です。また釣りに行ってみよう!