フランス子育て日記:森での出来事(前篇)


ある土曜日の午前中のこと。晴れていたので、ふと思いついて、車で15分ほどの森にピクニックに行くことにしました。

フランス風のお昼ご飯を準備して出発です。

フランスのピクニックって、どんな感じだと思いますか?お弁当箱にきちんと詰めたお弁当?いえいえ、そうではありません。

まず準備するのは、お好みのハムやチーズを数種類。それから飲み物とデザートの果物を持ったら、お出かけ準備は完了、いたって簡単です。

あとは行きがけに、お気に入りのパン屋さんでバゲットを買えば、もう完璧!

そしてピクニックの時には、その場でバゲットをちぎって、各自お気に入りのチーズやハムを挟んでサンドイッチを作ったら、さあいただきます。

移住したばかりの頃は、ピクニックというと「お弁当つくらなきゃ!あれもこれも!」となっていましたが、今ではフランス風のピクニックに、すっかり慣れたわが家。

思い付いたらすぐに準備して出かけられる簡単さも、お気に入りです。

長いままのバゲットのサンドイッチ、これは買ったものです。このパン屋さんが、今わが家のお気に入り。

Photo1

今回行った森はノワゼット(ヘーゼルナッツ)の木がたくさんで、これまた秋のノワゼット狩りが楽しみなところです。

ぴかぴか青空の下でピクニック。おいしいねー!きもちいいねー!青空の下で食べるともっとおいしく感じるのは、どうしてでしょうね?

食後に、森のなかの大きな池のまわりをお散歩していた時のことです。池の向こうから歩いてきたおじさんに、声をかけられました。

Photo2

こんにちは、ピクニックですか?今日この池で釣り大会をするんだけど、よかったら参加しませんか?

えー?釣り大会!もちろん子供は大喜びです。でも突然参加していいんですか?とたずねると。

もちろん大丈夫ですよ、今年は21人の子供が来る予定です。君たちの参加で23人になるね、大歓迎だよ。参加賞やおやつもあるので、ぜひどうぞ。

そして開始時間には、続々と家族連れが集まってきました。規模としては、町内会の釣り大会という感じ。

たまたま誘われたわが家以外は、その辺に住むご近所さんで、みなさんお知り合いの様子です。

後編に続きます。(11月13日更新予定)