現在表示されているページ

 

保育園に入りたい!


子どもを保育園に入れられるか。地域によってかなり事情が異なる話です。

私の住む東京都は、いまだに待機児童がたくさん。産休中やこれからお仕事をはじめるママにとっては、とても切実な問題。

最近は「保活」という言葉もあるくらいです。

IMG 3039

来春に向けて活動中

私も8ヶ月次男の保活中。認可保育園への申し込みは済ませているものの、空きはまったく出ません。近くの認可外保育園もいっぱいです。

幸い長男のときに信頼できるベビーシッターさんに出会えたので、少し前から見ていただいています。でも、とてもフルタイムで働ける状況ではありません。

できればすぐに入園したいところですが、現実的な目標は来年の4月から。そのためにいろいろな保育園を調べたり、ママ友達と情報交換したり。

本当に就職活動をしているみたいですね。

保育園にまつわる都市伝説

なんとしても我が子を保育園に入れたい。その気持ちが高じて、認可保育園を望むママの間で様々なうわさが出てきます。

有名なのはこの話。

役所の窓口に通いつめ、しつこく頼み続けると入園できる。

根性、人情。実際に役所に何度も通い、その後入園できた人が周りにいると、本当なのかなあ、と思ってしまいますよね。私もそうでした。

これはさすがに都市伝説。ただ、一度は窓口に行って、時間をとって担当者と一緒に確認することをおすすめします。

役所では、入園希望者の状況を調べ、点数化して優先順位をつけていきます。ときには1点の差で決まることも。

自分が書いた申請書類に間違いはないか。事実と異なる判断をされて減点される可能性はないか。

私も長男のときに申請書の書き方が悪かったせいで、実情とは違う扱いをされてしまったことがありました。

子どもにあった園なのか

実は同じ市内の認可保育園でも、驚くほど方針が違います。まず公立か私立かで雰囲気がだいぶ変わると思います。

入園できるだけでありがたい。そんな状況だと、保育園の教育方針や環境を比較して選ぶのは、正直難しいですよね。

でも候補の保育園には見学に行ったほうがいいと思います。

保育園では4月の入園後、5月・6月で退園・転園する子が結構多いんです。自分の子ども、そして自分にとってフィットする園かどうかは重要ということだと感じます。

私が住んでいるのは、東京都でも比較的小さな町。それでも本当に様々。

自然との触れあいを大切にしているところ。保育室の入り口からは親の手助けは極力ひかえる方針のところ。お寺が母体のところ。カソリックのところ。男性保育士が多いところ。

保育園は随時見学を受けつけています。運動会などイベントを見に行くのもおすすめ。先生と子どもの素の姿がわかります。

認可外保育園も積極的に調べてみる

主に認可保育園について書きました。では、認可外保育園はどうなのか。

違いの一例は、子ども1人あたりの敷地の広さや割り当てる先生の数。調理室などの設備。保育料の考え方。それだけ聞くと、認可外はどうしても消極的な選択肢になってしまいます。

でも、一番重要なのはスタッフの人柄。小じんまりとした環境を生かして親密な雰囲気をつくりあげたり、近くの公園を上手に使ったり。

いい取り組みをしている園は、私の知っている限りでもけっこうあります。認可外保育園についても積極的に調べてみると選択肢が広がると思います。

そろそろ各自治体で、来年4月からの入園募集の告知が始まっています。

みなさんの大切な子どもが長い時間過ごす場所。自分の目で確かめながら、「この雰囲気、好きだな」と思える場所が見つかりますように。