現在表示されているページ

 

おきゃくさん だーれ(なかえよしを)


0歳〜1歳児への読み聞かせ。それぞれ反応は違いますが、多くの子どもが喜ぶ絵本にはいくつかの共通点があります。

繰り返し。擬音語。動物。乗り物。そしてシンプルな絵。

あかちゃんの反応がよい絵本

おきゃくさんだーれ (あかちゃんとおかあさんの絵本 2)

おきゃくさんだーれ (あかちゃんとおかあさんの絵本 2)

今日は さっちゃんのうちに おきゃくさんがきます。

ブーン。まずは、ひこうきにのってライオンさんが登場。

次にやってきたのは…?

最後は、みんなそろっておいしいケーキを「いただきまーす」。

おだやかな、短い物語。

「こんにちは さっちゃん」

「こんにちは ◯◯さん いらっしゃい」

ライオン、ぞう、リス。いろいろな動物が登場し、あいさつを交わす。その単純さが低月齢の子どもにちょうどよいようです。

二人三脚による作品

作者のなかえよしをさん、上野紀子さんはご夫婦。二人でアイデアを出し、なかえさんがラフを描き、それを上野さんが形にする。二人三脚でひとつの作品を創り出してきました。

代表作は「ねずみくんのチョッキ」。31巻続く今年で40周年のロングセラー。お二人のインタビューがyoutubeで公開されています。

ていねいに、一生懸命お話をしてくれる、なかえさん。その隣でニコニコうなづく上野さん。お二人の雰囲気が、作品のあたたかい世界観をつくりだしているんですね。

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)

「おきゃくさん だーれ」と同じシリーズとして、「おつむてんてん」や「おくちはどーこ」もあります。

絵本の充実した本屋さんには、たいてい置いてある名作です。小さいお子さんのいる方は、ぜひ手にとってみてください。

おつむてんてん (あかちゃんとおかあさんの絵本 1)

おつむてんてん (あかちゃんとおかあさんの絵本 1)

おくちはどーこ (あかちゃんとおかあさんの絵本 3)

おくちはどーこ (あかちゃんとおかあさんの絵本 3)