現在表示されているページ

 

赤ちゃんのアトピー、保湿で予防


子どもの肌質はそれぞれ

4歳半の長男は、肌があまり強くなく、今もドライスキン気味。対して7ヶ月の次男は肌が強い。

長男は0歳の夏、毎朝シャワーを浴びないとあせもがひどかった。でも、次男は全く問題なし。同じ兄弟でも違うものだなと思います。

兄弟の肌質 

保湿がアトピーリスクを下げる

我が家ではかかりつけの皮膚科医のすすめもあり、兄弟ともに朝晩2回しっかり保湿を続けています。

子どもの肌にそこまでする必要があるかな?と思うこともありましたが、今年5月にこんな新聞記事が出ました。

■赤ちゃんのアトピー、保湿で予防 続けるとリスク3割減(リンク

国立成育医療センターが、赤ちゃんが生まれた直後から皮膚の保湿を続けると、アトピー性皮膚炎になるリスクを約3割下げられるとする研究結果をまとめたそうです。

確かに長男。保湿が足りないと翌日痒がることが多いのは実感しています。

しっかり洗って、しっかり保湿。

毎回全身に保湿をするのはひと手間。でもそのひと手間で子どもの一日の集中力が変わってくるのも事実。

保湿時間はいいコミニュケーションタイムでもあります。自分で保湿ができるようになるまではがんばろうと思います。

保湿