現在表示されているページ

 

子どもの性格は変わらない?


いつもの場所の、思い出

我が家が1ヶ月に1度は行きたくなる場所。東京都立川市にある昭和記念公園です。

いつものあの場所、あの遊具、あの原っぱ。

0歳に行った時には芝生のチクチクが嫌で泣いていたね。1歳の時にははじめてハンモックに乗ってびっくりした顔をしていたね。この前はお友達の◯◯ちゃんと水遊びをしたね。

いろいろな思い出があります。

周りが気になる、引っ込み思案な性格

長男が3歳の頃。思い出すと切ない思い出があります。

当時、長男は自意識が高まり周りが気になって仕方ありませんでした。たくさんの子どもがいると固まってしまう。一人ではそこに行けない。ママ、パパがいないと嫌だ。

もっと強くなってもらいたい。特に夫はその思いが強く、離れたがらない長男に強く後押しをしました。

一人で不安な場所に解き放たれた長男。足がすくみ、顔をこわばらせ、動けなくなって、ただただ泣いていました。

かわいそうなことをした。彼には彼の性格とペースがある。それでいいじゃないか。私たちが勝手に焦っちゃいけない。夫も私も長男に謝り、反省して公園を後にしました。

1年の時が過ぎた今、当時を想う

4歳をすぎた今日の長男といえば。鉄砲玉のような勢いでたくさんの子どもたちの中に飛び込んで行きました。

みんな

いつの間にか、本当にいつの間にか気が付いた時にはこんな風に変わっていました。

満面の笑顔でおおはしゃぎの長男の姿を見ながら、私はあの日のことを思い出していました。

すごいなぁ。親が子どもの性格をどうにかできるなんて思っちゃいけないな。子どもの姿には驚かされることばかりです。