現在表示されているページ

 

おばけかな?ほんとかな?<しかけ絵本>(木村裕一)


ワクワク・ドキドキ、しかけ絵本

こいぬのころりんが、友達2人とお化けが出るという「ぞくぞく森」を通ることに。

おばけなんかこわくないもん。そう言うものの、3人はドキドキ。

木の影に見えるのは…お化け!?

と思ったら、おばさんでした。ホッ。

少し進むと、またお化け!?

森の木々の間に穴が開いてあって、そこから見えるものはどうみてもお化け。

「ママ、お化けだ…!」子どももビクビクしながら読んでいます。でも楽しそう。

ページをめくると、それは人の一部だったり、ちょうちょとお花だったりしてホッとするのですが、最後にでてきたのは、本当のお化け。

さあ、本当のお化けを前にころりんたちはどうするか。かわいいお化けの反応に思わず笑ってしまいます。

3〜4歳ごろにおすすめの絵本

3〜4歳頃になると現実と空想の世界の違いが少しずつわかってきます。

一方で、その空想の世界に対する想像がふくらみ「お化けなんていないよ!…でももしかしたら…」と興味津々。

そんな子どもたちがとても共感できる絵本です。最後の終わり方がユーモラスなので、お化けのことも好きになってしまうかも?楽しく、繰り返し読める1冊です。