現在表示されているページ

 

本当に使える育児グッズ4(長さ調節可能なスリング)


  • 本当に使える育児グッズ1(バウンサー):(リンク
  • 本当に使える育児グッズ2(バランスボール):(リンク
  • 本当に使える育児グッズ3(おもちゃ入れ):(リンク

あかちゃんとの日々は抱っこの日々。今回はスリングのご紹介です。

4ヶ月児までにおすすめのスリング

「スリングって使うの?使えるの?」よく出産前の友人に質問を受けます。

スリングは産後4ヶ月頃まではとても重宝すると思います。

4ヶ月までしか使えないならもったいない、という声もありそうですが、私は十分と言えるくらい役立ちました。

理由は、スリングに入れると魔法?と思うほどに、すやすやと幸せそうに眠ってくれるから。そして、あかちゃんを出し入れしやすいのもポイントです。

スリングは一般的に新生児から使えるといいますが、私は産後1ヶ月から使っています。まだ縦抱き抱っこ紐は使えないものが多い時期。毎日欠かせませんでした。

どんなスリングが使いやすいの?

ママ友だちに聞くと、[とても役立った派]と[買ったけどうまく使いこなせなかった派]にわかれるのもスリング。

話を詳しく聞くと、役立った派に多いのはこんなかたち。

スリング3

(↑生後1ヶ月〜2ヶ月ごろ。横抱き。頭をすっぽりといれることも可。)

スリング1

(↑生後3ヶ月位。首が座った後に縦抱きをしています。)

スリングと一口に言っても、色々な形があります。大きな違いはリングあり・なし・テールあり・なしという違い。こちらのタイプは「リングあり・テールあり」です。

リングあり・テールありのスリングの利点

リング部分で長さや袋部分の大きさを調整できるので、使う人・子どもの大きさによって微調整ができます。そして、横抱き・縦抱きなど成長にあわせて色々な抱き方ができます。

テールというのはリングの先の部分。赤ちゃんの日よけ・防寒になったり、授乳時の目隠しにもできます。

スリング2

難しかったスリングは?

買ったもののうまく使いこなせなかった派の意見を聞くと、リングなしのサイズ調節不可のものを買った人が多いようです。

ただ、うまくフィットさせられれば、非常にコンパクトなので荷物が少なくて済んで快適!という声も。試着ができると納得できていいですね。

あかちゃんが安心する形、だからすやすや

スリングはママとの密着度が高く、背中に自然な丸みができます。そのため、あかちゃんがとても安心するように思います。

私が使っていたのは「Psling」というもの。もちろん大好きな麻素材です。

ピースリング グラデーション ブルーラグーン 専用ハンガー付き

グラデーションが綺麗ですね。この写真の商品は非常にお値段が高いのですが、メーカーホームページを見ると素材によってはもう少しお手頃です。アウトレットセールもしています。私はアウトレットで格安で手に入れました(ので、魚売りのような個性的な柄に^^;)。

スリングを卒業したら?

片側の肩で支える形になるので、生後4ヶ月を過ぎると長時間は正直つらい。それ以降は腰で支える抱っこ紐が断然役に立ちます。

抱っこ紐のお話は以前記事にしています(リンク)。よろしければご覧ください。