子どもの流行り、親のかかわり(1)


子どもの心は移ろいやすく…

アンパンマンから始まり、きかんしゃトーマス、キョウリュウジャー、仮面ライダー…。子どもの成長とともに変わる、お気に入りのキャラクター。

トーマス

4歳長男が今夢中なのは「妖怪ウォッチ」。

ガイムとジバニャン

この赤いぬいぐるみがメインキャラのジバニャンという地縛霊の妖怪。保育園でも流行っているのでしょう、7月に入って「妖怪ウォッチが見たい・欲しい」と懇願されました。

入手困難なアイテムたち

寝ても冷めても妖怪ウォッチの話ばかりの長男。調べてみると、妖怪メダルというメダルはかなり入手困難とのこと。

実は、今度観に行く予定にしていた仮面ライダーの映画の日に、劇場で妖怪ウォッチの映画の前売り券が買えるそう。しかも前売り券には映画で活躍する「フユニャンメダル」が付いてくるとのこと。

ニャン

策略にまんまとはまっている実感がありますが、まあよいとします。その映画の公開が12月というのも驚きです。

「よかったね〜。映画の日に初メダル、ゲットだね!」。前売り券発売情報が載っている雑誌を毎日読み返しニヤニヤする息子。のんきに日めくりカレンダーをつくり、キャッキャと喜ぶ私たち。

日めくり

ところが、映画館のページを見るとこんな記述が…。

【「妖怪ウォッチ」特典付ムビチケカードご購入のお客様へ】
◆◆7月19日(土)は朝6時30分より販売開始致します◆◆
※混雑状況により、販売開始時間を変更する可能性がございますので、予めご了承下さい。

6時30分…!?

実はこのメダル付き前売り券は50万枚の数量限定。需要と供給のバランスを考えると、まず手に入らない様子。

改めて調べてみるととにかくこの人気ぶりはすごいようで、メダルを買うために何百人も並ぶというのはよくある光景だそう。

息子、すっかり「フユニャンメダル」がもらえるつもりでいる。

とりあえず、いつものように前売り券情報の雑誌を読んでと言われたときに「フユニャンメダルがもらえる、、、、かも?運がよければ!」とサラッと牽制。

すると「ママ、かも!じゃないよ!もらえるよ!」と涙目で抗議&その後しばらく仏頂面をされました(笑)

さあ、こんな時どうするべきか。

今までの子育て経験上はじめての経験にちょっと戸惑っています。

続きます。