現在表示されているページ

 

だいじょうぶよ


昨日は結局、書きはじめたとたん眠気が襲い、タイトルと参考文献だけで断念してしまうというお粗末な結果でした^^;

そして夜中。息子の夜泣きがかなりひどく、なかなか泣き止まない日でした。

息子はひどい夜泣きの時は目をつぶってひたすらギャー!!と泣き続けます。
名前を呼んでも、揺すっても、授乳をしようとしても、
目をギュっとつぶったまま、聞く耳をもたず、何か悪夢にうなされているような顔をしていることが多いです。

だから、最近は一旦正気に戻す意味で、電気をつけたり別の部屋にいったり、外に出たりして起こすようにしています。

そしてしっかり目をあわせて
「だいじょうぶよ、だいじょうぶよ。何も怖い事ないよ。
おとうさんもおかあさんもいるから、だいじょうぶよ」
と言うようにしています。

それでも泣き続けることもありますが、
正気に戻ってホッとすると、トロンと目をつぶり寝てくれます。

昨日は、起きる回数が多そうだったので、夫と私の間に息子を寝かせました。
「だいじょうぶよ」で、なんとかかんとか正気になった息子は、夫のほうをくるり、私のほうをくるり、と何度か見やって
右手に私、左手に夫の手をにぎったまま心底安心しきった顔ですやすやと眠りにつきました。

だいじょうぶよ、だいじょうぶよ。
言っている私も気持ちがおちつく呪文です。