産後のホルモンバランス


ホルモンバランス、大変動

妊娠・出産は、ホルモンバランスが大きく変わる時期。特に産後、涙が止まらないという経験をする人も多いといいます。

私は、2回の出産でどちらも入院中に1度ずつ号泣しました。

長男の時

産後3日目。母子同室だったのですが、あまりに眠れない状態が辛く、夜中に新生児室にあずけて睡眠を確保することに。

ほっとした気持ちもつかの間、「母親失格だ…」と新生児室からの帰り道から涙がポロポロ。病室に戻ってもしばらく泣き続けました。

その時の自分に、その先ずーーっと一緒なんだから1日くらい気にすることないよ…と言いたくなります。

次男の時

次男のときも産後3日目。とにかく長男が気になって仕方ありませんでした。長男と電話で話をした後、急に胸がつまり涙が。

長男との濃密な4年間がとてもキラキラしたものに思えて。次男が生まれたことは本当に嬉しいことなのに、もう3人の生活ではなくなることがとてもさみしい気持ちに。

よせばいいのに、携帯電話のカメラで撮った長男との写真を見返してさらに号泣。(一番涙を誘ったのは3人で行くのは最後かな?と言って出かけた外食帰りの1枚)

思い出

そして、ふと目の前にいるまだ生後本当に間もない次男を見て、こんなに小さくて私しか頼るしかない子に向き合えていないことにさらに涙。

どちらも何故あんなにも涙が止まらなかったのか不思議でしたが、今思い返すとこれがホルモンバランスの崩れというものなのだな…と思います。

産後のメンタルケア

産後はジェットコースターのような勢いで色々なホルモンが増えたり減ったりします。

妊娠中(エストロゲン中心)→出産(エストロゲンが一気に減り、プラクチンが一気に増える)→産後(プラクチンの影響で、オキシトシンが増加)

この急激な変化で自律神経が乱れ、産後3〜10日は特に精神的に不安定な状態になるそうです。その後も疲れ・睡眠不足などが重なることで、産後うつになりやすくなるとのこと。

それを防ぐために「ホルモンバランスが崩れるから仕方ない」と自覚できるかどうかは結構重要!

ああ、このイライラ・浮かない気持ちはホルモンバランスのせいなんだな、と客観的に見ることができると少し気が楽になります。

次男の出産時には夫に「産後はホルモンバランスが崩れるから。ちょっとした言葉でも傷ついて大変だから、色々気をつけてね」と予め言っていました(笑)。

自分だけでなく周知することも大事です。これからご出産の方はぜひ、宣言してしまってください。