色画用紙で、お絵かき


雨の日の過ごし方

関東地方は梅雨明けまであと2〜3週間というところでしょうか。雨の休日は手持ち無沙汰になりますよね…。

いつものお絵かきにも飽きた、そんな時には「色画用紙」を使ってみるとひと味違った時間になるかもしれません。

画用紙

色のもつ力

最近は100均で色画用紙10枚セットを売っているので、それを活用してお絵かきをしてみました。ちょっと贅沢ですが、たまにはいいでしょう。

それぞれの色のページを開き、お絵かき開始。色のパワーというのはすごいもので、子どもはどんどんイメージをふくらませてくれます。

これは海の中だよ。森だよ。ブラックホールだよ。

うずまき

私も加筆しながら盛り上げます。

「半魚人(ポニョをイメージ)がやってきたよー。あれ?これ何?」

『お母さんがだっこしてるんだ〜』

抱っこ

「うわ!雨がふってきた!」

にげろー

そして、上映会

10ページを描き終えた息子。画用紙を切り離し、何やら順番を決めています。

紙芝居だよ、とパパに見せに行きました。順番にあわせて、私が適当にストーリーをつけ、息子が合いの手を入れる。楽しい上映会になりました。

発散できる、工作 

今回、話をしながら大盛り上がりで思いきり絵を描きましたが、これがとてもストレス発散になった様子。

特に男の子は、雨の日続きだとストレスがたまりがちですが、こういう発散の仕方もあるのだなぁと思いました。