現在表示されているページ

 

フランス子育て日記:環境の変化についてのつぶやき


こんにちは。今回は、私のひとりごとです。

毎朝、小鳥のさえずる声で目覚めます。庭には、すっかりお友達になった猫が、毎日のように遊びに来ます。窓を開ける と、すぐ向こうをトラムが、かたたん・かたたん、のんびり走っていきます。

ナントの中心部から、トラムで15分ほどの住宅地ですが、まわりは緑がたくさん。そして、割と大きな地方都市のはずなんですけど、ちょっと市内から出ると、もうすごい大自然。

少し前、東京で仲が良かったママ友に、近況をメールしました。こちらでの様子を綴るうち、自分でも改めて、変化を実感しました。

ここは東京とは全然、環境が違います。ギャップがすごいよ。住んでいた街とも、仕事をしていた西新宿とも、もう別世界な気がする。

移住してきた直後、ここはなんだか夕焼けが多いなあと、主人に話してみたところ。東京では夕焼けどころか、そもそも空が見えなかったからね。と言われました。

そうかーだからかー!でも、確かにそう。自宅のまわりはマンションがたくさん。職場は高層ビル群の中。星も、2個くらいしか見えなかった。

子供が自然に触れるのは、西日本にある、私の実家に帰省した時くらいかな。

でも東京で住んでいた街は、私も主人も、大好きな街でした。都心で便利だし、意外と公園とか緑も多くて、春には桜並木がきれいだった。

外国人が多いので、国際結婚しているわが家には、子供にとっても住みやすい街でした。

ずっとあの街に住んで、大好きな会社で定年まで働けると思っていた私。辞めるなんて考えたこともなかった。自分のもう一つの家のように思っていた、大切な職場でした。

ちょうど去年の今頃、主人の仕事の都合で、フランスへの移住が確定しました。あの日から、そろそろ1年。ずいぶんと、わが家の周りの環境は変わりました。

大切なお友達とさよならして、新しい環境へと飛び込んだ子供たち。ちょっと体調を崩してしまったりもしたね。でも、全力で頑張ったから今がある。

ここは子供には本当にいい環境です。とにかく自然たっぷり。森や林、広い公園や野原や海で遊び放題。緑がきらきらまぶしい中、毎日楽しくて仕方ない様子。

そして、すべてがのんびりしています。私自身は、初めて海外で住むところが、この街で良かったなーと思っています。のんびりしてて、清潔で、手入れが行き届いた街。行政もしっかりしています。

街ゆく人が、みんな挨拶してくれます。おはようマダム、子供たちは今日も元気?良い一日を。はじめは驚いたけれど、今では、通りすがりの人たちと自然に言葉を交わせるようになりました。

家族みんなで過ごせるところが、わが家。住む街が変わっても、いま家族がいるところが、わが家。

この街でもたくさん、楽しい思い出を作ろうね! 

F27 1