現在表示されているページ

 

子どもと一緒に、運試し


運がいいって?質問は続く

4歳長男の疑問「運がいいってどういうこと?(リンク)」。私の中では説明完了のつもりでしたが。息子はまだ腑に落ちていない様子。事あるごとに質問してきます。

応募した懸賞も当たる気満々で「いつ届くかな?」とソワソワ。根気強く話をしていくしかないのね…。

今朝は運の厳しさを教えるべく、「あみだくじで運だめし」を行いました。

大きいスイカ、争奪戦

スイカ

どれ食べたい?と聞くと、右端を指さす長男。1つだけ多いものね。

「では、これから運試しをしまーす」

あみだくじ1

どこがいいか選び、あたりを隠して、各自線を1つ加えます。

あみだくじ2

結果発表

なんと。長男がアタリでした。運がいいね!

あみだくじ結果

ぼくは運がいいから、懸賞も当たるね!と長男。

懸賞は、この棒が100本ある中でアタリは1つしかないんだよ。だから、相当運がよくないと当たらないんだよ。そう伝えるも、なまじ今回当たってしまっただけに、彼の自信はさらに確固たるものに。

夕飯時にもう一度やって、外れる経験もしてみないといけないですね。