家族こいのぼりをつくろう(こどもの日の工作)


もうすぐ、端午の節句

5月5日は子どもの日ですね。

カブト

そこで、4歳長男とこいのぼりをつくりました。

ダンボールでつくる、簡単こいのぼり

用意するもの:

ダンボール、厚紙、折り紙、のり、ハサミ、紐、シールなど

1)ダンボールを4種の大きさに切り、魚の尾っぽ部分を切る。厚紙で目をつくる。折り紙はちぎっておく。

 材料

パパ、ママ、自分、弟の分だよ〜とイメージをふくらませて作ってもらいます。

2)貼る。描く。とにかく自由に!

「パパは黒なんだ〜」

描く

弟こいのぼりは、かわいらしく。

ペタペタ

1〜2歳の小さいお子さんなら、野菜や消しゴムではんこをつくったものを押したり。指に絵の具や朱肉をつけてペタペタ鱗をスタンプしてもいいと思います。

3)紐・折り紙と一緒に、壁面に飾り付ける

こいのぼり

何故かお母さん鯉が一番大きくなっています。折り紙でつくった風車もかざってみました。

5分で準備できて、10分でつくれる簡単工作。気負わずに思い立ったときにささっとできます。

これから5日に向けて、吹き流しをつくったり、折り紙でカブトをつくったり、画用紙で雲をつくったり。壁面を賑やかにしていこうと思います!