スロープ


最寄り駅にはエレベーターがありません。

いつもはそれを見越して抱っこ紐でだっこしながら、
ベビーカーをかついて階段を上がり下がりします。

今日は、たまたま息子がぐずったあげくベビーカーでようやく寝た
というタイミングで電車にのることになり、
どうしようかな、、、と思いましたが、
お友達から教えてもらった「スロープ」を思い出しました。

スロープ、車いすの方などがお使いになるものですが、
ベビーカー等、持ち上げられない場合には使わせていただくことができるとのこと。
駅員さんに感謝をし、今回使わせていただくことにしました。

ベビーカーを使うようになって、以外と段差や階段があるんだなぁと実感しています。
それから、歩きタバコはちょうどベビーカーの高さになる、など。
その目線にたってみて初めてわかったこともたくさんありました。

ただ、商品をつくるようになって感じたこと。
サプライヤーとしては「その立場になって初めてわかった」だけではダメだということ。

例えば、自分がお客様と同じ「子育て中」という立場であることは強みではあるけれど、
それだけに頼っていてはいけないんですよね。

いろんな立場にたって、目線にたって、想像力をうんと働かせて
考えることをやめず、想像するということを怠らないようにしなければいけないな、と思います。