あかちゃんの目やに(先天性鼻涙管閉塞)


この目やに、なんだろう?

目やに

次男は、生後まもなくから目やにが少し出ています。

産院では「生まれてすぐは涙が鼻にながれる管が通ってないことがあるから、目頭マッサージして様子みてね」と言われていました。

一時期おさまっていたように思えたのですが、先週末からまた量が増えてきたので眼科へ。

「先天性鼻涙管閉塞」の疑いあり、ということでした。

先天性鼻涙管閉塞とは?

目頭にある涙嚢にたまった涙が、鼻にぬけるための「鼻涙管」が詰まっていること。

治らず、完全に詰まっている場合は「ブジー」という細い針金を使って管を通すことも。

針金…聞いただけで痛そうですが、たいていは自然に治るそうです。

かかりつけ医と相談を

次男もまずは、点眼と涙嚢マッサージで様子をみることに。

先生にしっかり説明していただきました。ついでに、目の瞳孔や追視の状態なども見てもらい「目はよく見えてるね」と言われ安心。

2ヶ月で眼科、早いかな?と思いましたが、さすが餅は餅屋。的確で信頼できる対応でした。

生後1ヶ月で皮膚科デビュー、生後2ヶ月で眼科デビュー。あかちゃんとの日々は通院続き。病院のはしごもザラにあります。

でも、気がつけば4歳の長男はずいぶんと身体が強くなり、病院にいくことも稀に。それでもあかちゃんの頃から通っているお医者様が近くにあることは何よりの安心です。

同じ病気でも先生によって対処も様々。納得いくまで質問して、気兼ねなく通えるホームドクターをみつけられるといいですね。